マナーを知る

イタリアン料理はマナーが必要

イタリアン料理というとスパゲッティやピザといった家庭的な料理を連想させますがイタリアンレストランには何種類か存在し、カジュアルに利用できるレストランからコースなどが存在しマナーが必要なレストランまで様々あります。大事なデートでカジュアルな印象のイタリアンレストランを予約したものの、実は格式の高いレストランだった。といった失敗にもこなせられるようにマナーを覚えておくことに損はありません。もともとフランス料理のマナーはイタリアン料理のマナーが根本と言われています。格式高いマナーが必要となるレストランは店内の雰囲気で察しはつきますがコース料理が用意され、ナプキン、フォーク、ナイフがセッティングされていれば格式高いお店としてマナーが必要となると判断して良いでしょう。

格式のあるレストランの名称

正式にイタリアンレストランの格式が高い店舗はリストランテといわれ、コース料理がほとんどです。続いてトラットリアでコース料理も存在しますが家庭的な雰囲気もあります。次にオステリアカジュアルな店舗となりますが中には高級店も存在します。最後にダヴェルナといった大衆的なお店です。カジュアルなお店とはいえ、基本的なマナーを知っておくことが同席の相手にも不快にさせない事につながるので最低限のマナーを熟知しておくことが理想です。食べ方のマナーは基本的にフランス料理もイタリアンも大口を開けて食べてはいけません。小口で頂ける大きさだけを取りいただきます。イタリアンにはスパゲッティがありますがスパゲッティはフォークで小さく巻きいただきます。スプーンを使うのは正式なマナーではありませんのでフォークのみでいただきます。白いナプキンで口元を拭いたりするのは抵抗がありますが自分で用意したもので拭くのはマナー違反です。ナプキンで拭き汚れた部分は見えないように折りたたんで退席するようにしましょう。