食べ放題の魅力

以前より、リゾートホテルや、大型飲食店を中心に実施されていた「食べ放題」は、現在も、子供を中心に人気の食事スタイルです。最近では、都心の一流ホテルでもランチバイキング、ディナーバイキングと称し、企画されており、かなりの集客をしています。従来の食べ放題には、「質」より、「量」といった面が大きかったのですが、最近では、一流ホテルでの企画を代表として、「質」が大きくアップした内容での食べ放題が増えてきており、価格以上に「質」の向上が求められています。たとえば、てんぷらの揚げたてを出したり、お寿司コーナーで握りがオーダーできたり、カニや松茸などの「高級な旬の食材」を取り入れるなど、質の向上が続いています。今後もこの方向で、食べ放題の質の向上がすすんでいく事は、間違いありません。

大型の飲食店や、ホテルで新たに集客用のイベントとして、食べ放題の企画をするケースがありますが、その場合、しっかりとした事前準備が必要です。特にメニューの選定については、料理人の技量を見極めた品数にする事と、料理人が専門とする料理カテゴリの以外のメニューは出さないなどの、妥協しない企画の立案が重要です。そうしなければ、結果的に、集客用のイベントが思わぬ評価ダウンにつながりかねないからです。また、運用面では、配膳、食べ放題の開始、終了の時間管理、場内のスムーズな誘導が必要です。通常の営業に対し、人の量、動きともに早いため、運用面での不手際でクレームとなるケースもあり、多めの人員配置などの事前の準備が必要です。